当ブログは更新を停止致しました。長い間のご愛読ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Miles Davis
昨日(金曜日)に、会社の飲み会がありまして…

久しぶりに、記憶なくしました^^;

タクシーに乗り込んだとこまでは覚えているんですが…

僕の酔態を目撃したのが、うちの母でして、

うちのマンションの下のベンチでぼーっとしてるところを

保護したんだそうです^^;

冬だったら凍死してますよね…危なかった…





●マイルス=デイヴィス(Miles Davis)

ジャズをあんまり聴かない人も、

マイルスと、ジョン=コルトレーンの2人は知ってる人が多いですね。

マイルスは「ジャズの帝王」とかよく言われていますね。

トランペット奏者です。

20060514022919.jpg

なんで「ジャズの帝王」かってと、

彼は常にジャズを変革していく流れの先端をきっていたんですね。

クール・ジャズ、モード・ジャズ、エレクトリックジャズ…

彼が考案し、発展させたジャズの演奏スタイルは、

それこそ片手では数え切れないほどなんです。

とにかく「革命家」「改革者」。

この言葉がマイルス以上にふさわしい人は、

ジャズメン多しと言えども、いないんじゃないですかね。

20060514023233.jpg

マイルスの凄いところは、新しいジャズスタイルの考案者でありながら

その自分の成立させたジャズスタイルをまた完全にぶち壊して、

さらに新しいスタイルを築き続けたことですね。

人間、なかなか自分のスタイルを一度確立させてしまうと、

それをぶち壊すことができずに保守に走ってしまうもんですが、

このお方は違う。そのへんが「帝王」なんでしょうね。

20060514023558.jpg

また、マイルスの凄いところは「革命家」でありながら

立派な「教育者」でもあったところですね。

俗に「マイルス・スクール」とか言われてますが、

彼のもとから巣立ったミュージシャンはたくさんいます。

ジョン=コルトレーン、ハービー=ハンコック、ビル=エバンス、

レッド=ガーランド、ウィントン=ケリーなんかもそうでしょうね。

同じ「天才」でもチャーリー=パーカーは型破りな天才ですが、

マイルスは、結構おりこうちゃんな天才ですかねえ。

もっとも、一時期麻薬で身を持ち崩してましたがね…。





なんかさ、ジャズってすごく格調高いイメージあるじゃないですか。

「大人の音楽」みたいなね。

僕は、そういう扱いがすごく不満ですね。

ジャズミュージシャンなんて、落ちこぼれの反社会分子ですよ^^;

大道芸人の発展バージョンみたいなもんです

…そんな大した人達じゃない。

一体何人のジャズミュージシャンが、

ドラッグ中毒・アルコール中毒で死んでるんですか…

無茶苦茶な人達ですよ、彼らは。

その分、音楽に対するこだわりも無茶苦茶ですがね。





…閑話休題…

ま、とにかくマイルスは「偉い」ですね。

ちょっと「偉すぎて」僕は最初あんまり好きになれませんでした。

だって、評論家とか絶賛してるんですもん…僕は、ひねくれ屋ですから

あんまり誉められると、かえって疑っちゃうんですよねー。

20060514024639.jpg

実際、テクニック的にはそんなに大したことないです。

ジャズは、まず「テクニックがあって当たり前」の世界ですから、

テクニックがないと、結構きついんですよね、成功するのは。

その点、マイルスはテクニックで勝負しないタイプなんですね。

まあ、つまり「頭で」勝負する人なんです。

IQとか計ってみて欲しかったですね…ごっつ高かったはず…。





●マイルス=デイヴィス お勧めの一枚

 「Kind of Blue」


20060514025028.jpg

マイルスの決定盤は、これですね。これ以外ないでしょう。

ジャズを聴き始めるのも、このアルバムは超イチオシです。

なんと言っても、聴きやすい!

ものすごーく頭を使う「モードジャズ」ってのをやってるんですが、

ポップさを維持できているんですね。

特に、3曲目「ブルー イン グリーン」は、かっこよすぎ♪

この前紹介した

ビル=エバンスの「ポートレイト イン ジャズ」にも入ってますね。

ビル=エバンスが、マイルスの曲をカバーしたんですね。





多分、僕の人生の中で一番よく聞いているジャズ・アルバムは

このマイルスの「カインド オブ ブルー」です。

ジャズ入門書としても超お勧め!

是非是非、興味のない人も、

レンタルショップで借りるくらいはして欲しいなあ…。

「借りて損した」と思ったら、僕がPで払うからさ!100円とかでしょ。

それくらいお勧めです。





ま、今日はこんなところ。

ちなみに、皆様、母の日ですよ?

めいぽやる前に、お母さんになんかプレゼントしときましょうね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ママに
お母さんに花と口紅ぷれぜんとしたー
2006/05/14(日) 22:51:15 | URL | 偽近藤達也 #mWt2sFS6[ 編集]
 自分は金だけ出してプレゼントは女兄弟が考えて買ってきたようです。
ちなみにアドレスはこちらです↓。
http://spaces.msn.com/digitalobjet/
2006/05/15(月) 23:10:26 | URL | ラカン #-[ 編集]
age屋が横してるそうですよ(●´∀`)
2006/05/20(土) 14:59:05 | URL | 切歳 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
尻切れ「BLUE NOTE BEST 100」は、確かに尻切れが許せなかったのですが、選曲はBESTと呼ぶにふさわしい内容であったと思います。今度は尻切れでないBEST100が出たということで、即決で購入したのですが、「あれ?なんか違う…」。これは、BLUE NOTE の BEST JAZZ 100 とは思
2007/10/04(木) 13:54:32 | SF ホラー ファンタジーがいいと思う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。