当ブログは更新を停止致しました。長い間のご愛読ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bill Evans
「眠い」と言って30分でめいぽ落ちながら、

ブログはしっかりと更新♪

「斬り賊育成講座」も完成させなきゃなんですが、

平日は余力がないので「ジャズ批評」♪

30分で落ちたからめいぽ日記も書けないですしね…。

今日は、ピアノのビル=エヴァンス(Bill Evans)です。





●第2回 ビル=エヴァンス(Bill Evans)

ビル=エヴァンスは…やっぱり女性に人気なんでしょうねえ。

ものすごーく繊細なピアノを弾く人ですしね。

bill.gif

僕は「ジャズは黒人の音楽」と思っている人ですが、

この人とキース=ジャレットのピアノは大好きですねえ。

別に人種差別的な意味で言ってるわけじゃないですけどね…。

なんというか…ブルーな感じ…ファンキーな感じは、

なかなか黒人ジャズメンじゃないと出せないですね。





その点で言うと、誤解を恐れずに言うならば

ビル=エヴァンスは、間違いなく「白人的な」ピアニストですね。

まあ、簡単に言えばすごく聴きやすいです。

初心者とか、クラシックピアノを弾いたことがある人には、

「ジャズ入門」として超おすすめですね♪

sundayatvillage.gif

基本的に、ビル=エヴァンスのアルバムは

「ピアノトリオ」という形式の演奏が多いです。

ピアノ・ベース・ドラムスのトリオですね。

特に、

・ベースのスコット=ラファロ
・ドラムスのポール=モチアン

とのトリオは、数々の名演を残しております。





ビル=エヴァンスのアルバムで一番有名なのは

「ワルツ フォー デビィ」でしょうね。

20060425233614.gif

まあ、僕もこのアルバムは大好きですし、

寝る前によく聞いたりもするんですが…

やはりおすすめは、こちらですね。





●ビル=エヴァンス おすすめの一枚
 「Portrait in Jazz」


20060425233919.gif

…すいません、眠くて曲目を書く元気がありませんが…

2番の「枯葉(Autumn Leaves)」とか…かなり黒人っぽい演奏してます

このへんが、僕がビル=エヴァンスを好きな理由かな?

最後の「Blue in Green」は、マイルス=デイヴィスの曲なんですが、

ビル流に解釈してあってすばらしいですねえ。





…と、すごく繊細なピアニストに見えるようですが、

私生活は結構派手です。

・ベースのスコット=ラファロが
 スピードの出しすぎで交通事故で他界

・離婚した妻が鉄道に飛び込んで自殺

・兄貴が銃で頭を撃って自殺

・ドラッグ中毒、アルコール中毒etc...





結局、1980年に演奏中にぶっ倒れて、そのまま帰らぬ人になりました。

…ですが、演奏はすごく繊細、かつポピュラー。

ジャズを聴いたことがない人は、まずこの方から!

以上、まとまりのないジャズ批評でしたとさっ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/26(水) 09:15:38 | | #[ 編集]
まさにクラッシック出身のジャズピアノを始めたばかり私が一番最初にしたことは、
ビル=エヴァンスの枯葉の耳コピーからでした…
懐かしい(●´艸`)

繊細なタッチが大好きです(v_v。)人(。v_v)

これからもジャズ関連記事にょろしくっ!
2006/04/26(水) 14:08:00 | URL | ねりな #D6OERtWY[ 編集]
昨日彼女とデート中チャーリー=パーカーさんのCDに興味を示してると彼女になんでいきなりジャズ?かと聞かれました。
えろい人がいいって言ってた。っていっときました(*´ー`*)b
2006/04/26(水) 20:24:36 | URL | ぱーまそ #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。