当ブログは更新を停止致しました。長い間のご愛読ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンラインゲーム
僕がオンラインゲーム「MAPLE STORY」をはじめたのは

今から2年半以上前。

もう、人生の10分の1?くらいを

オンラインゲームとともに過ごしていることになりますね。

僕のオンラインゲームをはじめる前の、それに対するイメージは

あれです、世間一般が抱いているイメージとほぼ同じの

「オタク集団の現実逃避」そのものでした。





基本的には、今もその考え方は変わってはいません。

自分も含め「MAPLE STORY」にログインしている方は基本的に

いわゆる「オタク」的要素を持っている方なのだと認識しています。

「オタク」の定義も難しいですけどね。

あくまで、世間一般の…wikipediaで解説されるようなイメージで…。

ただし、それがイコールで

・「社会性の欠如」
・「人間性の欠如」

に繋がるのではないか、という考えは改めましたけどね。





チャットという、ここ10年ばかりで急速に普及してきた

新しいコミュニケーション形式は

決して馬鹿にしたものではないと思います。

僕の「MAPLE STORY」の中での知り合いの方は

ほとんどがこの「チャットコミュニケーション」を通じてしか

コミュニケーションをとっていませんが、

その中でも十分に信用に足る人格を表現されている方が

何人もいらっしゃいます。





社会人となって「企業間のコミュニケーション」という

新しい…そして今までに体験したことのないほど厳しい

社会関係の中に身を置いている今となっても

決して色褪せることのないほどしっかりとした

コミュニケーションです。

これは、決して馬鹿にしたものではないと思います。





もちろん、全てのコミュニケーションに長所・短所があるように

なかなか思うところが伝わらないこともありますけどね。

また、相手の顔・素性・年齢・性別さえも不詳のまま

コミュニケーションをとっていく場合がありますので

そのへんのバランス感覚が必要ですけどね。

僕が「MAPLE STORY」をはじめて思ったのは

「思っていたよりチャットコミュニケーションの特質を理解して

 バランスをとれている方が多いな」ってことです。





そういう方々がいらっしゃるからこそ

この「チャットコミュニケーション」という情報伝達の方法に

大きな可能性を感じてしまうからこそ

今の「MAPLE STORY」の現状に対して「惜しいな」という思いを

抱いてしまうのですね。





まあ、こんな長文記事を書こうと思ったきっかけは

某有名ギルドさんの昨日のジャクム立て篭もりを受けて、なんですが。

まあ要するに、昨日の朝10:00~から待ち続けて

いざ自分たちの順番かな?っと思ったら

横入りされて、結局開催できなかったという

よくあるパターンなんですがね。





語りつくされていることだと思いますが

確かに、ジャクム門前には明文化されたルールはない。

どのような順番で入ろうとも、それは自由です。

というか、基本的には

ゲーム内で行うことができてなおかつ、

管理会社によって規則で明文化されていないことであれば

僕は、何をやっても基本的に自由だと思っています。

それが「横狩り」であろうが「拡声器連発」であろうが、です。





ただし、自分のしたいように、全てを自由に行うことが

結果として、他人に不快感を抱かせる結果に繋がることもあるはず。

そして、オンラインゲームの特性上

面と向かって罵倒される・暴力的な制裁を加えられることも少ない為

そのような行為を意識的に連続して行う方々も

当然ながら、出てくると思います。





僕は、そのような行為を完全に「憎む」ことはできません。

それは、徹底したコミュニケーションが欠如していることによる

結果だと認識しているからです。

実際、昨日のジャクムの件で立て篭もりを行った方々に対して

聞こえてくる声は「うざい」「人間らしさが無い」といった

抽象的な論法ばかりでした。

当然、僕も含めて、です。

本当は、立て篭もりを行った方々に対してもっとアプローチをして

問題解決を図ったほうが良かったのかな、と今では思っています。





おそらく、過去何度もあったこの種のトラブルに対して

「怒り」や「憎しみ」が先行するばかりで

徹底的にコミュニケーションを図ろうとされたことは

一度もなかったのではないでしょうか?

横入りをされた側は当然イラっとしながらチャットをするので

自分で意識しているよりも、強い口調になってしまい

また、横入りをした側は、それを楽しんでしまうという

悪循環が続いているような気がします。





実際に、僕は過去に

この立て篭もりに対して、できる限りの誠意をもって対応し

ジャクム祭壇を開けてもらったことがあるので

余計にそう思うのかもしれないですけど…。





やっぱり「黙ったまま」では何も進展していかないように思います。

たとえ、虚しくなるような交渉でも

必死にコミュニケーションを図っていくしかないのではないでしょうか

それを放棄して、ぶーたれているだけでは…。





それは、友達関係・ギルド運営等でも同じのはず。

徹底的なコミュニケーションでしか、

問題を解決する糸口を見つけることはできないはず。

幸か不幸かオンラインゲームでは基本的にはチャットしかないので

どれだけの時間をかけても、チャットでコミュニケーションを

とり続けることしかないはずです。

それができないのであれば

残念ながら、諦めるか・ゲームをやめるか、しかないでしょうね。

所詮はオンラインゲーム…インできる時間によって

諸問題が左右されるのは仕方の無いことだと思います。





要するに、言いたいことはさ!

結構みんなバッド=コミュニケーションなんだよ!

本当に、真摯に向き合って

コミュニケーションをしようとしていない。

だから「惜しいな」っていう思いを

どうしても抱いてしまうんだよ!

オンラインゲームの醍醐味は

チャットなんだからさ!!!





そういって、昨日もSDTには友チャを切って狩りをしてみた

P派さんでしたとさっ!

…反省しますorz
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。