当ブログは更新を停止致しました。長い間のご愛読ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋におちたら
晴れた日の朝にはきみを誘って何処かへ

行きたくなるような気分になったりする

だれかと話したくてぼくは外へ出るんだ

住みたくなるような街へ出てみるんだ





どこかの家に咲いたレモン色の花ひとつ

手みやげにしてそっときみに見せたいんだ

長い髪花飾りどんな風に映るだろうと

考える道すがら愛しさ広がるんだ





昼にはきっときみと恋におちるはず

夜になるとふたりは別れるんだから

恋する乙女のようなこんな晴れた日は

きみをむかえに きみをむかえに行くよ





はねを広げた空を切りとるような雲ひとつ

ゆっくりと流れて心を切り刻む

朝に目覚めた風はきみに届いただろうか

その髪を風にまかせ きみはぼくを待つんだ





昼にはきっときみと恋におちるはず

夜になるとふたりは別れるんだから

恋する乙女のようなこんな晴れた日は

きみをむかえに きみをむかえに行くよ

                    byサニーデイ・サービス
[恋におちたら]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。