当ブログは更新を停止致しました。長い間のご愛読ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
斬り賊育成講座 第10回「3次スキル振り」
斬り賊の3次職「マスターシーフ」のスキル振りです。

各スキルの解説については

「第9回 3次スキル解説」に書いておきましたのでご参照。

3次スキル振りには、はっきり言って「正解」はありません。

自分の狩りスタイル・資金・強化によって、

まったく異なったスキル振りをしていく必要があります。

ですので、ここではいくつかのパターンにわけて

スキル振りを紹介していこうと思います。

自分のスタイルに似ている、と思うものがあれば

そのパターンの育成をしていくことをお勧めします。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●一発確殺型育成
「狩場案内」でも書くつもりですが、
100レベルに達するまでの斬り賊の狩りは
「基本的に一発確殺狩り」が一番いいと思います。

理由としては
・サベジの安定性
・サベジとアサルターのダメージがほぼ一緒
・アサルターを先にあげるので、高速移動しながら確殺狩りができる
・最も敵に接近する職なので、被ダメージが多い(赤字になりやすい)
・高い回避率(雑魚敵からダメージを受けにくい)
といったことがあげられます。

…つまり
「サベジ(480%)、アサルター(450%)」がほぼ同じ威力であることを利用し
両スキルを併用しながら、
「一発で確実に倒すことができる敵を狩る」…一発確殺狩り

を続けながら育成していく方法が、この「一発確殺型」です。


○「一発確殺型」の長所
・基本的に一発で狩れる敵しか狩らないので、常に黒字。
・メルが基本的に増えていく一方なので、強化に手が出せる。
・早い段階でアサルターMAXにするので、高速移動狩りが可能。
・サベジとアサルターがほぼ同じ威力なので、狩る対象を選びやすい。

○「一発確殺型」の短所
・雑魚敵のみを狩り続けるので、飽きる。
・経験値効率のみを重視した赤字狩りには向かない。
・PT狩りがしにくい(ゾンビPTならば可能)。

…基本的に、ずっと雑魚を狩り続けるわけですから…
当然、飽きるかもしれません。
がっ!そこは!「斬り賊ラブ♪」の精神で乗り切ってください。
この育成方法のいいところは「メルが貯まりやすい」ことですね。
3次転職したら、そろそろ強化についても考えなければならないので…

経験値効率は、それほど悪くはないはずです。
狩る敵は「ゾンビ・サンフィクシ・Jrイエティ・ヘクタ」あたり。
ですが、2次と違いアサルターのある分、早く狩れるようになります。
もちろん、次に紹介する「経験値効率超重視型」には劣りますがね。
一番バランスのとれた育成方法がこの「一発確殺型」。
ファーストキャラの場合は、この育成方法がお勧めです。


○一発確殺型育成方法のスキル振り
①転職時にもらえる1ポイントをアサルターへ(アサルター1)
     ↓
②アサルターを一気にMAXへ(アサルター30)
     ↓
③メルガードに振るため、チャクラに3ポイント(チャクラ3)
     ↓
④メルガードをある程度使えるように(メルガード6)
     ↓
⑤そろそろ範囲攻撃が欲しいので、シーブズへ(シーブズ18)
     ↓
⑥黒字率を上げるため、チャクラに振っていく(チャクラ21)
     ↓
⑦斬り賊最強のスキル、シーブズをMAXへ(シーブズ30)
     ↓
⑧メルガードをかけなおす手間をはぶくため、MAXへ(メルガード20)
     ↓
⑨おもしろスキル、メルエクスプロージョンへ(メルプロ3)
     ↓
⑩ピッグポケットMAXへ(ピッグポケット20)
     ↓
⑪ここからは、個人的嗜好によります。
 チャクラをMAXにするとメルエクスプロージョンは21止め
 メルエクスプロージョンをMAXにするとチャクラは21止め
 でスキルポイントがなくなります。

 究極の2択ですねえ…ここが悩みどころかな…♪
 答えは自分で見つけてくださいね♪


○スキル振り解説
①、②→まずはアサルターMAXですね

③→スキルレベル3では、まだまだチャクラは使えません。
  メルガードに振るための条件だから振るだけです。

④→メルガードはスキルレベルに関係なくダメージ半減。
  持続時間1分は欲しいので6レベル振ります。

⑤→シーブズは、スキルレベル18になってやっと使えるスキル。
  18までは…ネタみたいなもんです♪

⑥→⑤と⑥は、個人の嗜好で入れ替えてもいいと思います。
  黒字重視の方は、チャクラ先上げで。

⑦→シーブズはMAXにしさえすれば、最強のスキル。
  ただし、MP消費が50です…赤字貢献スキルでもあります。

⑧→もし、メルガードをかけなおすのがめんどくさくなかったら
  ここは飛ばしてメルプロにいってもいいかも知れません。
  最終的にはメルガードは必ずMAXにしてくださいね。

⑨、⑩→このあたりからは、個人の好みです。
    メルプロが好きなら先にMAXにしてもいいですしね。

⑪→悩んでください♪チャクラ、メルプロ…。
  どちらかは21で止まってしまいます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●経験値効率超重視型育成
とにかく経験値のみを求め、高速レベルアップを目的とした育成方法。
方法は簡単。「シーブズ」を先にMAXにして
強敵に特攻して経験値を稼ぐだけです。

もちろん、ただで経験値が大量に得られるわけではありません。
その代償としてメルを湯水のごとく使う必要があります。
おそらく、1Mや2Mではきかない赤字が出るはず。
何十Mという単位で、狩りするための薬代が消えていくでしょうね。

…ですので、ファーストキャラでの育成はあまりお勧めしません。
長所と短所を下に書いておきますね。


○経験値効率超重視育成の長所
・とにかく、経験値のたまるのが早い。
 他職と比べても、かなり早くなるはず。
・シーブズを先にあげるので、PT狩りがしやすい。


○経験値効率超重視育成の短所
・ありえないほどのメルが大量に消えていく。
・途中で狩り資金が尽きたり、強化ができなくなったりする可能性あり
・はっきり言って、ファーストキャラでの育成は無理。
・アサルターが育っていないので、
 途中から(資金が尽きて)雑魚狩りに切り替えたときに効率が落ちる


…まあようするに、有り余るほどの狩り資金があり、
なおかつ強化もかなり進んでいる人向けってことですね。
ファーストキャラでも、70レベルになった時点で
100Mとか持ってる人ならいいかも知れませんね^^;
セカンドキャラでお金に余裕のある人なら、
この育成方法が一番早いですよ♪

狩る対象としては「手下D→ブレイブパイレーツ」という順番で。
PTを組んでくれるDK、プリがいるのなら、
85レベルから武器庫に行ってもいいと思います。

…とにかく金!金!
金がないとこの育成方法は話になりません。


○経験値効率超重視型育成方法のスキル振り
①転職時にもらえる1ポイントをアサルターへ(アサルター1)
    ↓
②とにかくシブズMAX!(シーブズ30)
    ↓
③メルガードに振るためにチャクラへ(チャクラ3)
    ↓
④メルガードMAX(メルガード20)
    ↓
⑤ダメージを上げるためアサルターMAX(アサルター30)
    ↓
⑥…このあとは、どういってもいいです。
 メルガードかけてアサルターで敵に突っ込んで
 シブズ連打するだけですから^^;


○スキル振り解説
①→このアサルターは「移動用」です。
  ダメージを与えることが目的ではありません。

②→シーブズMAXを即達成して、経験値効率を上げるのが
  この育成方法の最重要事項です。

③→メルガードに振るためです。

④→強敵と戦うためには、メルガード必須。
  6で止めて、アサルターのダメージを先に伸ばしてもいいでしょう
  赤字はその分ひどくなりますよ♪

⑤→アサルターは敵に突っ込むために振りますが、
  ダメージをさらに伸ばしておくと、効率UPですよね。

⑥→このあとは、ぶっちゃけどうでもいいです。
  ずっとシブズ連打ですから^^;
  一応、ピッグポケット→メルエクスプロージョンと上げると、
  攻撃オプションが増えて、効率UPになるかもしれませんね。
  もちろん、チャクラは後回し。
  求めるのは「経験値効率」のみ!!!
  最後は、チャクラかメルプロのどちらかを21で止め、
  スキルポイントがなくなります。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●バキューム型育成(メル超重視型育成)
 ~まかちん師匠よ、永遠なれ~

あんずの斬り賊師匠「マッカチンS」さんの育成方法。
「バキューム賊」とはピッグポケットで落とさせたメルを
「バキューム」していく斬り賊のこと。

経験値効率はあまり考えず、とにかくお金を稼いでいく育成方法。
チャクラ、ピッグポケットの2大黒字スキルを先上げしていきます。
狩る敵は、基本的に「一発確殺型」と一緒(ゾンビetc)。

ただし、アサルターを先に上げない分、
はっきり言って、レベルの上がり方は無茶苦茶遅いと思います。
…ですが、そのぶんメルは大量に貯まっていきます。
ですので、
「レベルを上げるよりも、強化によって強くなりたい」人向け。
ファーストキャラでも、気力と根性さえあれば、十分育成できます。

…自分よりレベルの高いキャラよりも、強いサベジを放ちたい…
そんな願望を叶えてくれる育成方法です。


○バキューム型育成の長所
・とにかく、メルが貯まる。
・ピッグポケットを先上げするので、
 メル風呂作成ができる♪楽しい♪
・チャクラを先上げし、なおかつ強敵を狩らないので
 HP回復薬がいらない。
・強化を早いうちから行うことができる。


○バキューム型育成の短所
・レベルの上がり方は、非常に遅い。
・アサルター・シーブズが育っていないので、PT狩りもしにくい。
・狩りスキルは基本的にサベジのみ。
・友達とのレベルアップ競争には、どうあがいても勝てない。


…ピッグポケット20、チャクラ30までは、
ほぼサベジのみで狩りをすることになります。
だいたい、90レベルくらいかな…それまでずっとサベジ。
サベジが好きで好きでたまらない人には向いてるかな。

また、この育成方法の一番の特徴は
お金が貯まることですね。
早めに強化に手を出せるので、最終的にはかなり強くなれるかも?
チャクラをMAXにするので、メルプロは21止めになります。


○バキューム賊型育成方法のスキル振り
①移動用にアサルターへ(アサルター1)
    ↓
②ピッグポケットMAX!ばきゅーむ、ばきゅーむ(ピッグポケット20)
    ↓
③HP回復薬使用をなくすため、チャクラへ(チャクラ30)
    ↓
④ここでようやくアサルターMAXへ(アサルター30)
    ↓
⑤強敵とも渡り合えるようにメルガードMAX(メルガード20)
    ↓
⑥シーブズMAXへ(シーブズ30)
    ↓
⑦メル爆破?とんでもない…(メルエクスプロージョン21)


○スキル振り解説
①→移動用です

②→この育成方法の最重要事項♪
  思いっきりバキュームしてください。

③→この育成方法は雑魚狩り主体のため、
  チャクラMAXによってHP回復薬は必要なくなります。

④→アサルターMAXになれば、それなりに効率も出てくるはず。
  ここまでが正念場かな。

⑤→強化がある程度終わり、狩り資金もあるようなら、
  ここで「メルガード6」にして、シブズを先にMAXでもOK。
  シブズで強敵に特攻すれば、
  レベルの上がりが早くなります。

⑥→⑤と順序を入れ替えてもOKですね。

⑦→メルを爆破するなんてとんでもない…。
  ですが、他に上げるスキルもないので
  メルエクスプロージョンを21へ。これで完成です。

※リンクにもある「マッカチンのまったりメイプル!?」に
 「バキューム賊育成」の詳細が書かれています。
 そちらもご参考に…。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●ボンバーマン型育成
メルエクスプロージョンを真っ先にMAXにし、
人目を惹きつけることを目的とした育成方法。
「とにかく目立ちたい!俺最高!俺万歳!」という人向け。

Maple Storyで最大ダメージをたたきだせるスキルは、
間違いなくメルエクスプロージョンです。

100,000ダメージも出るらしいです。
…いくらメルを撒いたのかは知りませんよ♪

…なんというか…
・レベル上げ競争
・強化
・最大ダメージ
・PT狩り
…そういったことにまったく面白さを見出せず、
「とにかく皆、俺を見ろやこの野郎!」という人はこの育成方法かな。


○ボンバーマン型育成の長所
・目立つ
・予想ですが、多分「がんばれ」とかよく言われる


○ボンバーマン型育成の短所
・ネタ
・予想ですが、多分「がんばれ」とかよく言われる


…ちょっとひどいかな^^;
まあ、ゲームですからね。こんな楽しい育成方法もありだとは思います
利点としては、メルプロの範囲が広いことかな。
意外と、黒字になりやすい育成方法かも知れませんね。
また、メルエクスプロージョンMAXのため、
チャクラは21でストップします。

周りの注目を集めたい人、一発笑わせたい人はお試しあれ!


○ボンバーマン型育成方法のスキル振り
①転職時にもらった1ポイントはアサルターへ(アサルター1)
    ↓
②メルプロMAX!(メルエクスプロージョン30)
    ↓
③起爆源としてのメルを得るため、ピグポケへ(ピッグポケット20)
    ↓
④アサルターMAXへ(アサルター30)
    ↓
⑤メルガードに振るため、チャクラへ(チャクラ3)
    ↓
⑥強敵も狩れるようにメルガードへ(メルガード20)
    ↓
⑦さらなる範囲攻撃、シーブズMAX(シーブズ30)
    ↓
⑧あまったポイントは、チャクラへ(チャクラ21)


○スキル振り解説
①→移動用です。
  アサルターは無視して、ここでメルプロにいっても構いません。

②→この育成方法の最重要事項ですね。
  思いっきり爆破してください。

③→起爆源としてのメルです。
  ありったけのメルを爆破してください。

④~⑧→ぶっちゃけ、この後はなんでもいいです。
    アサルターMAX、シブズMAX、メルガードMAX、チャクラ21
    に最終的になっていればOKなんですから^^;


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●親分特攻型育成
「ショーワ裏通り3」にいる「親分」を早くから
狩ることを目標としたスキル振りです。
僕のメインキャラ「パーカー派」は、ほぼこの育成方法ですね。

…憧れませんか?親分を狩ってる斬り賊に!
僕の中で「親分を狩る」ことは一大目標だったので、
このようなスキルの振り方で育てました。
「一発確殺型」と似てるんですがね。
親分を狩るために、メルガード・ピッグポケットを
ちょっとだけ早く上げていく育成方法です。

ただし、注意点。
テクニックがいります。
おそらく、キーボードではほぼ無理。ジョイパ必須。
メルガードは、あくまで親分にダメージを受けたときの保険。
あくまで「ノーダメージで親分を狩る」テクニックが必要です。
…まあ、練習ですね。
ちなみに、僕の親分ノーダメージ狩り記録は「36体」です。


○親分特攻型育成方法の長所
・親分を早くから狩れる♪
・もし、親分狩りに挫折しても「一発確殺型」への移行が可能
・親分さえうまく狩れれば、経験値効率は十分
・親分さえうまく狩れれば、メル効率も悪くはない


○親分特攻型育成方法の短所
・テクニックがいる
・ずっと親分なので、飽きるかも
・「親分がうまく狩れない」自分に気がついたとき、ショック
・親分狩りの練習が必要


…まあ、テクニックに自信のある人は、この育成方法ですね。
親分狩りは楽しいですよ♪
テクニックと経験と集中力がいりますがね。
腕に自信のある方は、是非この育成方法を!
Maple Storyは「アクションRPG」です。


○親分特攻型育成方法のスキル振り
①転職時のスキルポイントはアサルターへ(アサルター1)
    ↓
②まずは、アサルターMAX(アサルター30)
    ↓
③メルガードに振るため、チャクラへ(チャクラ3)
    ↓
④メルガードを、満足できる程度(メルガード6推奨)
    ↓
⑤ピッグポケットに振るためメルプロへ(メルエクスプロージョン3)
    ↓
⑥ピッグポケットMAXへ(ピッグポケット20)
    ↓
⑦メルガードもMAXへ(メルガード20)
    ↓
⑧親分狩りにシブズは必要ないですので、
 ここでようやくシブズへ(シーブズ30)
    ↓
⑨メルプロかチャクラ、どちらかをMAXに。どちらかを21に…完成へ


○スキル振り解説
①、②→親分を狩るためにはアサルター必須。
    雑魚狩りにいそしみながら、夢を膨らませましょう。

③→メルガードに振るためです

④→メルガードがなければ、親分は狩れません。
  メルガードがある程度(レベル6推奨)育ったら、
  いざ、親分へ!!!
  大体80レベル中盤あたりから狩れるようになります。

⑤→ピグポケに振るためです。

⑥→ピッグポケットを先に上げるのは、
  親分にサベジした時に、たくさんのメルがおちるため。
  ピグポケメルの量は、スキルレベルと敵の最大HP依存です。
  これで、結構な黒字になりますよ♪

⑦→親分にダメージを受けたときのことを考えて、
  メルガードMAXへ。
  親分狩りに飽きた人は、シーブズを先に上げて
  「手下D」に行ってもいいかも知れませんね。

⑧→⑦と順序を入れ替えてもOK

⑨→チャクラ、メルプロのどちらかはMAXどちらかは21止めです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。